イワコの工事日記

昔の仲間の結婚パーティーに行ったの !!!!!!

『イタヤン結婚してましたパーリィィィ』 !!!!!

なるお誘いのメールが届いのは先々月?
彼はあたしの結婚式の二次会にも
来てくれた
あたしの勤める会社
際コーポレーションの設計部署にいた
元気一杯の後輩君
そんな彼も
結婚したのね
早いものよねェェェェッェー

このたびは
おめでとうございまぁぁぁぁーす!

そこで久しぶりに会った
新旧交わる仲間たち
何かしらこの感じ
懐かしさ・・・ それとも違う
なんだろう
若かりし頃に死線を共に歩いた仲間
一人々々と思い出がある
夜遅くまで一緒に働いていたこと
語り合ったこと
泣きつかれたこともあったわね・・・
辛かったけど
楽しかったのよね ほんと
だから楽しい
顔をみると元気になるのね
フフフ

やったことないけど
工事部の同窓会とかしてみたくなったわね
色々あったからなぁぁぁぁ・・・
厳しいかしらね
みんな元気なのかしら

ところでね
今回はあたしが結婚を意識したときのお話
でも書いてみようかしら
そもそも 結婚!
あたしなんてまさか結婚出来るなんて
思ってもみなかったわ
結婚を意識したのは
父が他界したとき
30歳だったわ
実家暮らしだったあたし
小さいころは家族7人の大家族
大きなテーブルでサザエさんのように
ご飯を食べていたわね

一人また一人と亡くなっていき
姉は嫁ぎ
最後はあたしと母の二人きり
そんな時に 『はっ!』
と気が付いたのよ!
まさか まさか
次に家族を築くのってあたし?
あたしなの !? って・・・

まぁぁぁーね
それから結婚まで 7年かかっちゃたけど
ほらあたしこんなでしょ
『知らねーし!』
て声が聞こえたわ!
だって一時期なんて
孤独すぎて生きる意味なくしてたもの

一人でなんか生きられない!
誰かのために生きたかった!
それがあの時のあたしの想い

仕事だけは一生懸命してたわ
だって大好きだもの
仲間とだってたくさん出かけたわ
旅行だってたくさんした

だけどね
一人でいると
完全に無風の
真っ白い砂漠に立っているようだったの
※気分ね気分
だから結婚したかったの
家族が欲しかった
それが当時のあたしの結婚への想い

なんの話?
なんだか解らなくなってしまったわね
バカねバカ
ごめんなさいね

だけど 本当に
出会えてよかった
感謝よねぇぇぇぇぇぇ
感謝!

なーーんて
本当に恥ずかしい
話になっちゃったわね
もう書いちゃったし
『イワコの気持ち』 シリーズだから
許してねぇぇぇぇ!
いやだけど投稿しちゃえ!
えぇぇぇぇぇぇい

そうそう
とにかく
イタヤン!
ご結婚 本当におめでとうございます!
末永くお幸せにぃぃぃぃー!



イワコ







a0201496_16222978.jpg

[PR]
by iwako4444 | 2014-11-06 16:37 | イワコの気持ち | Comments(0)