イワコの工事日記

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イワコ流 好き嫌いの法則 !!!!!!

あたしの思う『 好き嫌い 』!!!!!

先ずはね
若かりし頃に
こう思ったのね
そもそも
『 好き 』とか『 嫌い 』
っていったい何なのかしら???
そこのあなた!
解りますうぅぅぅ?
そんなこと
考えたこともなかったあたし

事の発端は大嫌いな人がいた訳
いつの間にか
その人の事を一生懸命に考えていた
だけどそんな時
『 はっ! 』としたの
嫌いなはずなのに
好きな人の事より想ってしまっている事を!
ネガティブな性格のせいもあるのは
否めないとして
これは悲しい時間を過ごしている
と・・・・

『 まさかあぁぁぁぁああぁぁー! 』
好きなのか・・・・
いやいやいやいや! 大嫌い
それは間違いないの!
だけど特別になにかされたとか
そういうのでもないの
生理的にとか
行動を見ていてだとかね
色々あるでしょう 若い頃って・・・

そうしているうちに気付いたの
なぜなのかしら?
好きとか嫌いって
きっと
薄皮1枚の背中合わせ
なのではないかしらと・・・

結局はすっごく気になるのよ
どこかで
もしかしたら
似ているのかもしれないし
悔しいのかもしれない
それは何なのか解らないけども
何かが引っかかるのよね
きっと・・・

たぶん
それはあたしのせい
自分のせいなのかもしれない
きっとそう
他人のせいにして
自分を正当化してしまっている
エゴなのよエゴ

それでも
本当に嫌いなら
その人のようにならなければ良いの
反面教師よ
そうすれば その人の事も大事に思える
まあ 無理矢理かもしれないけどね (笑)
そこまではねえぇぇぇ
聖人じゃあるまいしね
ホッホッホ

そんなことから
『 好き嫌い 』に興味を抱いたあたし
食べ物の好き嫌いってなんだ?
と思った訳なの
苦いとか甘いとか 辛いとか酸っぱいとか
人は好きなのにあたしは嫌い
食いしん坊のあたし
なんだか悔しい
脳の問題? 舌の問題? 心の問題?
詳しい事は解らないけども
人と同じ
きっとすっごく気になる存在なのよ!
だったらきっと好きになるはず!
と果敢に嫌いなものを
ガンガン試すようになったの
そしたら先ずは気付いたの
好きなものより
よっぽど刺激的なんだって!

もともと人間なんて
怖いもの大好きじゃないの!
そういう事?
などと楽しめるようになったのよ
そしたら大嫌いだったのに
いつの間にか大好物になってたのよおぉぉぉ!
ビックリでしょう

今では山盛り食べれるの!
残っているのは
焼いたレバー
勿論 お値段の張る
良い物だって食べたわよ
好きになれないの
どうしても・・・

だけどね
必ず食べるの
だって刺激的だから
フフフ

こうやって
自分の心や頭の探検するの
結構楽しいし
どれだけ自我ってやつに縛られてるか
客観的に自分を見つめ直すのって大事よね
興味のあるかた
お薦めよ
『 嫌いなもの 』
にチャレェェェェェーンジ !!!!!!!!



イワコ
[PR]
by iwako4444 | 2013-02-25 12:29 | イワコの気持ち | Comments(0)

Slainte (スロンチャ) 様 壁画工事 !!!!!!!

恵比寿 Slainte (スロンチャ) 様 壁画 !!!!!!!

昨年の11月の半ば頃よね
HPからのお問い合わせを頂いたのは
恵比寿の駅前
ガーデン口の方なのね
ビルの地下1F
だけども通りからよく見えるの!

オーナー様から頂いたお話
外部の壁面には入り口が解らなくなるくらい
森のように植物でモリモリに!
店内は地中海の海をバルコニー越しに
眺めてるような
少しトリックアートのようにしたい!
この2点

あたしたち
長い経験の中でも
この様な内容のもの
実際はやった事がなかったの
だから少し不安だったのだけども
彼女達(職人)の技術を信じていたし
絶対に良いものになるって確信してた
彼女達と何度かのミーティング
ラフ画をお客様に確認して頂き
つい先日施行させて頂いてきたのおぉぉぉ!

実際はね
すっごく大変だったの
合わせて2週間ほど
かかってしまったのもそうだし
インフルエンザで1人
ダウンしてしまったり
雪と雨でやられてしまったりと
色々とあったわね

だけども
彼女達は壁画のプロ中のプロ
ボロ雑巾の様に疲れていたって
手を抜くような事はしないし
ドンドンのめり込んで行くの!
集中力の鬼よね
あたしなんて
年をとればとる程失っていってる始末よ
とほほよ とーほーほおぉぉぉぉおぉぉぉー!

今回のお仕事
こう言っては何ですが
色々な意味で
本当にお勉強させて頂きました
このようなチャンスを頂いた
オーナー様に感謝です
一生懸命に必死でやらせて頂きました
本当にありがとうございました!

見てみてえぇぇぇえぇぇぇぇー!


イワコ







a0201496_16381920.jpg





a0201496_16392915.jpg





a0201496_1641597.jpg





a0201496_1642657.jpg





a0201496_16431610.jpg





a0201496_16441076.jpg





a0201496_16462827.jpg





a0201496_1648311.jpg





a0201496_16501645.jpg





a0201496_1654793.jpg





a0201496_16562662.jpg





a0201496_16583687.jpg





a0201496_1743734.jpg





a0201496_1765254.jpg





a0201496_1783567.jpg





a0201496_1710873.jpg





a0201496_17114357.jpg





a0201496_17173095.jpg





a0201496_17192795.jpg





a0201496_17263315.jpg





a0201496_17283778.jpg

[PR]
by iwako4444 | 2013-02-11 17:35 | 内装工事 | Comments(4)

姫路 DORAGON RED RIVER

兵庫県は姫路 
『 DORAGON RED RIVER !!!!!!!! 』

ちょっと前だけど
行ってきたわ お初の姫路!
今回は新築の駅ビルの中
ちょっと行ってビックリしたわね今回は
だってぜんぜん出来てないんだもの・・・
大体の場合ね
あたし達の工事って
そのお店の最終的な仕上げの工事なのね
だからいつも最後の最後
いつだって開店ギリギリのなかで
バタバタとやっている事がほとんど

ここの現場ったら
まだまだ 『 THE 工事のおっさん 』で
溢れかえっていたの
なんていうのヘルメットは勿論
タバコと汗と涙は冗談だけど
そんな感じ!
ユンボはグルグル 
クレーンやポンプ車がバリバリと動いて
トラックが入れ替わり立ち替わり
ブンブン入ってきてる
久しぶりに 『男の職場 』ってやつを感じたわ
お父さん頑張ってるって感じいぃぃ!
いつもなら空調もきいていて
真冬だって暑いくらいなの
あたし達は完全に舐めていたわね・・・
すっごく寒かったの
勿論空調なんてついてもいないし
なんだか開けっ放しの扉からは
風がびゅーびゅー
あたしなんかもう
ブルブルしちゃって年を感じちゃったわよ
もうっ!

そうそうお仕事よね
今回は壁画とサインの描き文字など
結構な面積に最近はおなじみの
『 バナナの葉 』
ここのところで3度程描いたのだけど
ヤッパリレベルアップしないと
楽しくないわよね
かじかむ指を奮い立たせ
一生懸命描いてきたわ
いかがかしらね

それとねえぇぇぇぇー
ちょっとだけ時間があったから
行ってきたのよ
世界遺産 白鷺城こと
『 姫路城 』
残念ながらただ今本丸は工事ちう
ただね良かったのは
工事ちうだからこそ観る事が出来る
足場の横をエレベーターで上がり
屋根の外側や職人さんの作業を
観る事ができるのよ
すごくなーい!
粋なはからいよねえぇぇぇ!
あたし感動しちゃったわ

そうそうこれは最近知った話
それこそ戦国時代の頃の日本人なんて
男の平均の身長は155cmくらい
秀吉なんて140cmくらいなのよ
それは知っていたの前から
ここからがビックリ
馬も小さかったんだってエェェェ!
なんとポニーサイズ!
馬の高さ120cm!
それに140cmのお侍が股がって
ちょっと甲高い声で
『 ヤアァァァァァァッァァァ!』
とか戦ってるのを考えただけで
ちょーーーー可愛いいいいぃっぃ!
でもきっと今の時代の人より
むっちゃ強いのよ
凄いはよね・・・・

なんてお話でした
皆さんも想像してみて下さい
さよならー

イワコ





a0201496_1135517.jpg





a0201496_1151199.jpg





a0201496_1164660.jpg





a0201496_11102692.jpg










a0201496_1193227.jpg





a0201496_11165323.jpg





a0201496_11175343.jpg





a0201496_1126199.jpg





a0201496_11302590.jpg





a0201496_11324749.jpg





a0201496_11343794.jpg

[PR]
by iwako4444 | 2013-02-07 11:46 | Comments(0)